被災者支援金のお礼と報告(ESTO)

ESTOさんからの報告です.
詳しくは http://estonet.info/index.html
--------------------------
日頃、ESTOの活動へのご理解とご協力をいただきまして、
ありがとうございます。

大震災から一ヶ月半が経ち、地震の影響を感じさせなく
なったところもありますが、避難生活のために不自由な
生活が続いているところもあります。

より現状に合うように、災害支援ページを更新いたしました。
ご協力をいただき皆様に感謝を申し上げます。
性的少数者のための相談サイトも掲載いたしましたので、
お役に立ちましたら幸いです。

【災害支援情報とご支援のお願い】
http://hp.kutikomi.net/esto/?n=page9

---------------------------------------------------------
[PR]
# by qwrc | 2011-04-28 00:09 | お知らせ
「LGBTのための、呼吸法ワークショップ」のご案内
「LGBTのための、呼吸法ワークショップ」のご案内

インドに本部を置く国際人道NGO「アートオブリビング財団」
(http://www.artofliving.org)が世界150カ国で教えている、呼吸法に特化した
ヨガのワークショップ「スダルシャン・クリヤ呼吸法習得5日間コース」。このGW
に、ゲイの講師がLGBT及びLGBTフレンドリーな方々を対象に、大阪で行うこ
とになりました。ちょこっと気軽にお試しができるLGBT対象の「イントロトーク
(プチ体験会)」も事前にありますよ。

●スダルシャン・クリヤは、ユニークなリズムを使った特別な呼吸法です。このテク
ニックを用いることで、身体の細胞の隅々にまで酸素を送り届け、心身に溜まったス
トレスを洗い流し、心身のエネルギーをアップすることができます。

●エネルギーレベルがあがると、気分のむらや 不安定な感情、落ち込みなどが改善
されていきます。 また、集中力や積極性など、ポジティブな変化も自然に現れま
す。

●5日間の集中講座では、身体が硬い方でもラクにできるヨガアーサナや、深いリ
ラックスに入る瞑想、ヨガの聖典を源とする、様々な智慧のワークなどさまざまなプ
ロセスを通して、パワフルなこの呼吸法をうまく使えるよう、心とカラダをホリス
ティックにほぐしていきます。 そして、最終的には自宅でひとりで行えるように指
導いたします。

●自分の手で、自分のマインド(心や精神)を守り、むりなく強化。加えて、自分が
本来持っている力を自然に引き出すための メンタルのセルフケア・テクニックを、
この機会に学んでみませんか? (さらに詳しい情報は、文末のURLからご覧くだ
さい)

★ワークショップキーワード★
・ストレス解消・エネルギー源・心の性質・ヨガの5つの智慧・セルフコントロー
ル・エネルギーアップ・リラックス・深い休息・自然体・自然治癒力・創造力・集中
力・平穏・落ち着き・浄化・プラーナ(気)・ヨガ・瞑想・ピークコントロール・メ
ンタルケア・コンディショニング・右脳と左脳のバランス


<実施概要>
★LGBTのための、スダルシャン・クリヤ呼吸法習得 5日間コース★
日時・会場
5月4日(祝) PM7:15~PM9:45  大阪市立青少年センター
5月5日(祝) PM4:15~PM9:45  大阪市立青少年センター
5月6日(金) PM7:00~PM9:30  大阪市立市民交流センターひがしよどがわ
5月7日(土) AM10:00~PM4:00  市民活動プラザおおさか西
5月8日(日) AM10:00~PM4:00  市民活動プラザおおさか西
※5日間全ての日程へのご参加が必須です。
※会場・時間は変更になる可能性もございます。

主催 アートオブリビングジャパン(一般社団法人ART OF LIVING)
講師 寺田正廣(てらだまさひろ)アートオブリビング認定講師
mixi        http://mixi.jp/show_friend.pl?id=656012
FACEBOOK  http://www.facebook.com/profile.php?id=100000133566807
ツイッター     http://twitter.com/#!/dilse_jp

受講料 一般35000円 学生20000円  再受講2000円
※経済的に困窮されている方でコース受講をご希望の方は、
支払い方法など相談に乗ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

お申込み/お問い合わせ masahiro.t@artoflivingjapan.org (寺田正廣)



★② 呼吸法イントロトーク★
<事前に、ワークショップの説明会(プチ体験レッスン)も開催>
いきなりコースを受けるよりも、一度話をきいて考えたい。コースに興味あるけれ
ど、まずさわりだけでも内容を知りたい。そんな方におススメの、イントロトーク
(体験型の説明会)もあります。LGBTコースの講師がワークショップの内容につ
いてお話し、カンタンな呼吸法や瞑想を体験します。ぜひお気軽にご参加ください。

日時 4月24日(日)18時30分~20時00分
場所 北区民センター第5会議室(JR環状線・天満駅下車すぐ)
会費500円 ◆定員15名  申込締め切りは当日午前中まで。
お申込み/お問い合わせ masahiro.t@artoflivingjapan.org


コース内容や呼吸法、団体や講師についてさらに詳しく知りたい方は、以下のURL
から。

●ミクシィのART OF LIVING 関西のコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5357514

●アートオブリビング公式サイト
http://www.artoflivingjapan.org(日本語)
http://www.artofliving.org(英語)
[PR]
# by qwrc | 2011-04-17 21:28 | お知らせ
被災者支援口座についてのお知らせ(ESTO)
秋田のESTOさんからのお知らせです。

【転送可】-----------------------------

被災者支援口座についてのお知らせ(ESTO)

日頃、ESTOの活動へのご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございます。
当会へのお見舞いや情報提供をいただいた皆様には、厚く御礼を申し上げます。

3月11日の東日本大震災より一ヶ月が経ちましたが、4月7日の深夜にも大きな余震が起こり、現在も余震が続いています。
亡くなられた皆様のご冥福を祈りますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

メールや電話、SNS等により会員や関係者に確認したところ、ライフラインが復旧し、物資が届いているところもありますが、津波で家屋が流されて全壊したり、浸水のため住居スペースが限られるようになったり、ご親戚のところに避難をしたり、アパートが被害を受けて引越しを余儀なくされる状態になっている人がいることが分かりました。

大地震発生当初は、会員や関係者の安否確認に追われ、支援金の呼び掛けを行わない予定でしたが、お見舞金や支援の申し出をいただき、通常の活動と被災者支援を区別するために口座を用意いたしました。

ゆうちょ銀行のみになりますが、ESTO会員と交流会等のイベント参加者、相談窓口にアクセスをいただいた皆様に対しまして、ご支援を希望される方が居られましたら、こちらまで支援金をお寄せいただきたく、お願い申し上げます。

≪ゆうちょ銀行口座から≫
口座番号:18620-20635221
加入者名:ESTO事務局

≪他金融機関から≫
店名:八六八
預金種目:貯蓄預金
口座番号:868-2063522
加入者名:ESTO事務局

なお、今回は物資の受付は行いませんが、被災地のFTMに使わなくなったナベシャツを提供できる方がおられましたら、私書箱宛にお送りいただきたく、お願いいたします。
なお、ナベシャツは使用に耐えるもので、洗濯済みのものに限らせていただきます。

<ナベシャツの送り先>
〒010-8691 郵便事業(株) 秋田支店 私書箱32号 ESTO宛

会員の被災状況は下記のとおりですが、ライフラインがほぼ復旧していても大きな余震の発生により再び止まる恐れがあります。
支援物資が届いているところと届かないところの格差があり、一人ひとりの心身の健康にも不安が募ります。
一ヶ月が経っても未だに入浴が出来ない人やGIDのオペ後に被災地に戻られた人もいて衛生状態が心配です。
大きな余震が起これば、物資が届かなくなることも懸念されます。

<宮城県>
仙台市(11名+賛助団体):ライフラインが復旧し、ほぼ物資が届いている。
仙台市(1名):アパートが損害を受け、引越しを余儀なくされている。
多賀城市(3名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
塩釜市(2名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
石巻市(2名):ライフラインは復旧とのことだが、物資不足が不安。
石巻市(2名):津波で家屋が浸水し、車も使用不可、物資不足が不安。
石巻市(1名):津波で家屋が全壊のため、関東に避難。
亘理郡(1名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
亘理郡(1名):住居は使用可だが、津波で車が使用不可、物資不足が不安。
柴田郡(1名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。

なお、福島県(3名)、岩手県(2名)、茨城県(1名)の会員は、被災地沿岸部の居住者が居ないことから、被害を受けてないか、もしくは被害は軽いと伺っています。今後の状況により支援が必要になりましたら、支援対象に含めていきたいと考えています。

現在までにESTO宛にいただいた支援金につきましては、仙台交流会の無料開催の経費と、物資が不足している会員宅への支援物資の購入と発送費にさせていただく予定です。
お送りいただきました支援金につきましては、被災された会員や関係者へのお見舞い金と支援物資として、お渡ししたいと思っています。

なお、ESTO会員には、セクシュアルマイノリティ当事者とそのご家族の他に支援者もおりますが、お見舞い金の対象には、被災されたご家族やパートナーをお持ちの会員と災害で大切な家族の一員であるペットを失った会員も対象となることを予めご了承ください。
また、お見舞い金や物資をお渡しするための事務局の交通費、通信費、消耗品費、ボランティア保険加入費等にも充てさせていただきますことにもご理解をお願い申し上げます。

国内外の多くの皆様の善意により、義援金は今までにない金額が寄せられているとのことですが、被災地が広範囲に及び、罹災証明書の速やかな発行が困難な自治体もあることから、配分には時間が掛かる見通しです。
一日も早く必要な資金が手元に届き、生活再建が始まって欲しいとの願いは、被災者と支援者の皆様双方の想いであることと思います。

被災生活が長期化し、復興までの道のりは長く苦しく、多くの皆様が厳しい毎日を辛抱強く耐えられていますが、たび重なる余震に神経が磨り減る毎日のため、重篤なストレスへの懸念が募っています。

この度の東日本大震災により、不自由な生活を余儀なくされている会員と関係者の皆様に、ご支援の手を差し伸べていただくことが叶いましたら幸いです。
どうか、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2011年4月11日
性と人権ネットワークESTO 代表 真木柾鷹 拝

-----
[PR]
# by qwrc | 2011-04-17 20:32 | お知らせ
「性同一性障害」と多様な性の在り方
----------(転送・転載歓迎)---------

柳原銀行記念資料館2011年企画展

「性同一性障害」と多様な性の在り方 ~男/女ではわりきれないもの~

開催期間:2011(平成23)年3月1日(火)~4月9日(土)

※開 館 時 間:午前10時~午後4時30分
(休館日:日曜日,月曜日,祝日 入館料:無料)
http://suujin.org/yanagihara/

☆★☆☆★☆開催記念シンポジウム☆★☆★☆★

「性同一性障害」とトランスジェンダーの間を考える
~生活・仕事・医療の場での課題~

日時:2011年3月4日(金)18:30~ 
場所:うるおい館3階ホール(崇仁コミュニティセンター)
http://www5.city.kyoto.jp/map/?lat=34.985200000000000&lng=135.764590000000000&id=1000000127&zoom=15

講師:
高橋 慎一さん(花園大学非常勤講師)
桂木 祥子さん(QWRC:Queer and Women's Resource Center)

主催:京都市・NPO法人崇仁まちづくりの会・柳原銀行記念資料
館運営協議会

問い合わせ先:(075)371-8220
  (崇仁コミュニティセンター)
yanagin@mbox.kyoto-inet.or.jp
  (柳原銀行記念資料館運営協議会)

交 通 機 関:京都駅(JR,地下鉄)より徒歩約8分
市バス205系統,17系統「塩小路高倉」下車

----------(開催趣旨)----------

「性同一性障害」と多様な性の在り方
――男/女ではわりきれないもの――

 柳原銀行記念資料館では,これまで,「丹波マンガン鉱山―在日コリアンの労働史」(第8回特別展)や「「部落」と「在日」―丹波・千本・崇仁」(第12 回特別展)において,在日コリアンの人権問題を取り上げ,また,一昨年は企画展「ハンセン病問題の現在―隔離から解放へ」を開催するなど,様々な人権問題を扱ってきました。そして,この度,「性同一性障害」(GenderIdentity Disorder/GID)を取り上げ,多様な性の在り方について考える企画展を開催する運びとなりました。
 
 「性同一性障害」という言葉は,最近,しばしば聞かれるようになりました。この背景には,戸籍変更を可能とした2003年の「性同一性障害特例法」の成立や,「性同一性障害」を扱ったドラマやマンガが注目され,また,教師,歌手,議員,スポーツ選手として活躍する当事者の方がメディアに取り上げられ,社会的認知を得てきたことなどがあります。しかし,「性同一性障害」とは,あくまで医療の場で使用される限定的な用語です。男から女/女から男に,「性転換」を望む人だという理
解は,「心と体の性が一致しない障害」という言葉の背後で,自らの性と社会との折り合いを付けることに日々悩む当事者の姿を見えにくくさせています。

 京都市人権文化推進計画(2005 年策定,2010 年改訂)では,「まだまだ社会の理解は低いのが現状である。そのため,社会生活の様々な場面で偏見や差別にさらされ,当事者自身が精神的な苦痛を受けるだけでなく,社会参加が困難な状況に置かれている」と指摘しています。家族,学校,職場などあらゆる場面で「カミングアウト」することには多くのストレスやトラブルが伴います。自らの性の在り処を探し出すことができず,精神的に不安定になりやすい青年期に,自らの命を絶つ人も少なくありません。

 「性同一性障害」と診断された人は,必ずしも性別の変更のみを望んでいるわけではなく,性別適合手術を受けるために「障害」という診断を受け入れる場合もあります。また,診断を受けずとも,性自認と性的指向に何らかの「ゆらぎ」や「違和」を感じている人も多く存在しています。このような多様な性を受け入れるほどに,生きやすい環境が整っているわけではありません。
 
 性同一性障害をめぐる当事者の声や生き方,法,医療にかかわる現状と課題などについて学び,どのような性の在り方を望み,選択したとしても,誰もが尊重されるためにできること,そして,どのような状況にあっても差別を受けることのない,人権が尊重される社会の在り方について,皆さんと御一緒に考える機会となれば幸いです。

▼展示内容
(1)「性同一性障害」とは何か
(2)メディアでの取り上げ
(3)当事者たちの声/生き方/コミュニティ
(4)様々な課題(医療,福祉などの人権問題)

-----------------------------ここまで
[PR]
# by qwrc | 2011-02-25 23:47 | お知らせ
スタッフ(&ボランティア)の自己紹介です~
お待たせしました(??)!!
QWRCスタッフとボランティアの自己紹介をお送りします!!

「QWRCってどんな人たちがいるの?」
「デーやナイトに行くと、どんな人が相手してくれるの?」
「運営は誰がしているの?」

少しでもどんなメンバーか分かりやすくなったでしょうか?
デーやナイトやイベントでお会いできた時は「誰ですか?」と遠慮なく聞いてくださいね

項目は…「名前」「QWRCでやっていること(役職)」「好きな作品」「得意なこと」「不得意なこと」「見た目」です!!


「名前」あきら

「QWRCでやってること(役職)」たまにデーやナイトのお手伝い

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」新井祥さんの漫画「性別が、ない!」

「得意なこと」人と話すこと。

「不得意なこと」人と話すこと。

「見た目」太い眉毛の間に縫い傷あり。



「名前」綾瀬麗次(あやせれいじ、1人だけ四文字熟語みたいですね)

「QWRCでやってること(役職)」メール担当(メールの返信とメールニュースも私です)、スケジュール担当、電話相談(副)コーディネータ、最近はナイトよりデー担当

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」最近は『かもめ食堂』鉄板は『ワンダフルライフ』(どちらも映画)

「得意なこと」人に顔を覚えてもらう、嫌なことを忘れる

「不得意なこと」人の顔を覚える、大切なことを覚える

「見た目」20年ぐらい前の男優



「名前」エニシ

「QWRCでやってること(役職)」カラフルと会計

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」伝染るんです、江古田ちゃん

「得意なこと」人の顔をおぼえる

「不得意なこと」道をおぼえる

「見た目」涼しい



「名前」コジ

「QWRCでやってること(役職)」資料整理、掃除、デイのスタッフ、カラフルのアドバイザー、ビデオ班

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」日本橋ヨヲコの漫画

「得意なこと」内職

「不得意なこと」パソコンを使うこと

「見た目」胸よりお腹が出てます



「名前」しろ:戸梶

「QWRCでやってること(役職)」特に役職はないです。ファイザーや労働企画に参加したり、議事録取ったりしています。

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」『叱り叱られ』、『キッズ・リターン』

「得意なこと」バスケ。テープ起こし。

「不得意なこと」サッカー。

「見た目」眠そうな目、ちょっと大きい。



「名前」ちづる

「QWRCでやってること(役職)」紙ものとWEB(本当にちょっとだけ…)、大体ナイトに参加。

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」漫画は、3月のライオン、ナナとカオル、少女ファイト(略)好きな人は及川光博さん。

「得意なこと」手芸諸々(今は編み物と刺しゅうブーム)

「不得意なこと」早起き。

「見た目」眼鏡。ショート。基本細め。



「名前」らぎ

「QWRCでやってること(役職)」電話相談コーディネータ。LGBTと医療福祉プロジェクト担当&隙間業。

「好きな作品(漫画、映画、音楽、書籍など)」『女の遺言―わたしの人生を書く 』麻鳥 澄江 (著), 鈴木 ふみ (著) 出版社: 御茶の水書房 (2006/11)

「得意なこと」助成金の申請 

「不得意なこと」毎日同じことをすること

「見た目」小さい、小動物系


以上です(50音順、まだいるかもしれませんよ?)。
この自己紹介をきっかけに話などができたらいいですね~
[PR]
# by qwrc | 2011-02-24 09:33 | スタッフ&ボランティア日記
LGBTと労働 第5回目
〈LGBTと労働〉第五回のご案内

連続学習会「LGBTと労働」は、LGBT当事者が自分の労働環境を共有し、地域社会
にLGBTの労働環境の不自由さを伝え、お互いに働きやすい環境を作っていくきっ
かけづくりをめざすものです。

いままで、トランスジェンダーの労働争議の実際(第一回)、職場でのカミング
アウト(第二回)、LGBTの職場の工夫(第三回)、弁護士を招いてLGBTの労働問
題の法律相談(第四回)などを行ってきました。

第五回目では、全体をふりかえり、鍋をします。

■日時 2011年2月5日(土)16:00~
■場所 QWRC(大阪市北区中崎西1-1-7-トーカンマンション408)
*入り口のインターホンで「408」を押してください。スタッフが開錠いたします

参加費 500円
主催 QWRC:http://www.qwrc.org
     http://qwrc.exblog.jp/
共催 ユニオンぼちぼち:http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/
   *各回の様子は上記blog等でご確認ください。
申込 QWRCまで info★qwrc.org 会場に限りがあります。 
   できましたら事前にご予約ください。
   ★を@に変更ください。
助成 大阪府人権協会助成事業
e0020001_1415455.jpg
前回「弁護士に聞いてみよう」の様子
[PR]
# by qwrc | 2011-01-14 01:43 | お知らせ
LGBTと労働「弁護士に聞いてみよう」
第四回:1月8日(土)13:00~ 16:00
「弁護士に聞いてみよう、法律で出来ること、出来ないこと」

LGBTと労働問題において使える法律や法の限界点、現状を知しろう。
実際のトラブルを取り上げ、ユニオンぼちぼちさん、QWRC、弁護士さんで解決方法を考えていきます。

参加費:1000円 (軽食付き)
場所:大阪医療技術学園専門学校
1校舎2階:(会場大教室)

   〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
   http://www.ocmt.ac.jp/
   最寄り駅:
    谷町線・堺筋線「南森町駅」徒歩約8分
    JR東西線「大阪天満宮駅」徒歩約3分 
    京阪電車「天満橋駅」徒歩約8分

主催:QWRC http:// www.qwrc.org/
協力:ユニオンぼちぼち http:// rootless.org/botiboti/

申込:QWRCまで info★qwrc.org 会場に限りがあります。 
   できましたら事前にご予約ください。
   ★を@に変更ください。

この企画は、LGBT当事者が自分の労働環境を考える機会にすると共に
地域社会に対してLGBTにとっての労働環境の不自由さを伝え
お互いに働きやすい環境を作っていくきっかけづくりを目的としています。
 *大阪府人権協会助成事業
[PR]
# by qwrc | 2010-12-25 22:00 | お知らせ
第三回:「職場におけるセクシュアルマイノリティの工夫」
LGBTと労働 第三回:「職場におけるセクシュアルマイノリティの工夫」

12月4日(土)16:00~18:00

職場で、就職活動でどんな工夫をしていますか
こんな場面ありませんか?

・あそこで何してたの? 結婚話が出たら? 部屋にこられそう、どうする?などなど

会社やバイトでのセク系「工夫」を聞いたり話したりする参加型トークイベントです。

参加費:500円
場 所:バザールカフェ
    京都市上京区烏丸今出川上ル岡松町258
    最寄駅今出川駅

主催:QWRC http:// www.qwrc.org/
協力:ユニオンぼちぼち http:// rootless.org/botiboti/
申込:QWRCまで info★qwrc.org 会場に限りがあります。 
   できましたら事前にご予約ください。
   ★を@に変更ください。

この企画は、LGBT当事者が自分の労働環境を考える機会にすると共に
地域社会に対してLGBTにとっての労働環境の不自由さを伝え
お互いに働きやすい環境を作っていくきっかけづくりを目的としています。
 *大阪府人権協会助成事業

今後の予定…
第四回:1月8日(土)13:00~ 
    参加費1000円  場所:大阪医療技術学園専門学校
第五回:2月5日(土)16:00~ 
    参加費500円 場所:QWRC
---------------------------------
[PR]
# by qwrc | 2010-11-22 01:53 | お知らせ
新聞に掲載されました
QWRCで行っている、医療・福祉への取り組みが読売新聞に掲載されました。

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101108-OYO1T00844.htm
 (2010年11月8日 読売新聞)

一部抜粋----------
多様な性を生きる人たちが利用しやすい医療・相談機関の環境づくりに取り組んでいる。性的少数者には偏見や差別を恐れて受診や相談をためらうケースが多いといい、「心身の健康維持には、まず医師やカウンセラーの理解が必要」と啓発冊子の配布や勉強会の開催を始めた。
-------------------

LGBTにとって、利用しやすい医療・福祉とは
一人一人のニーズと向き合い、ひとを尊重するということとイコールだと思います。

現場や教育の中にLGBTの視点を!
[PR]
# by qwrc | 2010-11-10 00:10 | お知らせ
12月11日「LGBT10代・ 20代のためのイベント カラフル」
※次回からのカラフルのお知らせは、
http://colorful.qwrc.org/
↑こちらのカラフル専用ブログにアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。
(QWRCのトップページから行けます)


テーマ「カミングアウト(家族+友人)」

カミングアウトする?しない?
するならどう言う?
いろいろお話しましょう。
 
 自分のセクシュアリティについて考えてみよう、話してみよう!


日時:12月11日(土)14:00-16:00
場所:QWRC
参加費:無料

カラフルは10代、20代前半(だいたい23歳ぐらいまで)のためのグループです。
いろいろ同年代と楽しくお話ししましょう

参加の申込や質問は
こちら(info☆qwrc.org)へ!
(☆を@に変えてください)

-------------------------------------------------
☆参加人数の確認の為に、事前の申込をお願いします。
  こちら(info☆qwrc.org)(☆を@に変えてください)に、
メールの件名を「カラフル参加申込」にして、
本文で次の4つをお知らせください。
1.参加希望の回・日時
2.お名前(本名でなくてOK)
3.年齢
4.お住まいの地域(大阪市・神戸市・京都市など)
------------------------------------------------
[PR]
# by qwrc | 2010-11-02 23:24 | カラフル